スマートフォンサイトを表示する

不妊治療について不妊治療について

様々な不妊治療法の比較COMPARISON of INFERTILITY TREATMENT

 
身体的負担

自然に出てくる卵胞を穿刺(採血とほとんど同じ)卵胞は1つ、卵巣に負荷はかけない。

たくさん卵胞をつくる、卵巣に対する負荷大、採卵時に卵胞穿刺数が多いため麻酔をしなければいけない

通院の回数

採卵前に1-3回

排卵誘発剤の注射のため、連日来院が必要なことも

経済的負担

排卵誘発剤のコストなし

排卵誘発剤の注射のコスト大、採卵数が増えれば、体外受精のコストも上がる

妊娠の確率

卵1個あたりの妊娠率は高いが、移植できないこともある。

卵1個あたりの妊娠率は低いが、数が多くとれれば累積妊娠率はあがる

安全性
(母体副作用)

採血と同様のためほとんどなし。

卵巣過剰刺激症候群、腹腔内出血・感染など重篤な合併症がおこりうる。また麻酔によるトラブルの可能性も

安全性
(子への副作用)

排卵誘発剤を使用しないので、卵子は本来排卵して赤ちゃんになるべきものなので、自然妊娠とほぼ同様。

本来排卵しない卵子を採卵するため、卵子異常により先天異常のリスクは高まる

治療条件 排卵があることが必要 排卵遅延・無排卵の方には、必要になることも。
但し卵巣予備能が低い場合は、早発閉経を招く要因になる

自然周期治療

毎周期排卵される卵子は、本来赤ちゃんになるべき卵子です。数多くある卵子の中から、身体が選びます。 排卵誘発剤を用いることは、質の悪い卵子が増えることになるため自然周期法を用いることが良いと言えます。

排卵誘発剤

卵巣に刺激を与え、卵胞の発育を促し発育数を増やす薬のこと。 ステップアップ治療のどの段階でも使うことがあります。 現在のところ、内服薬、注射薬があります。

PAGE TOP

診察に関するご質問や初診のご予約は右記よりお問合せください。

03-3254-1124

初診のご予約

ACCESS MAP

地図

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-16-11
内神田渋谷ビル1、2階